不動産投資をすれば将来が怖くない|一棟買いがベスト

利用時に中が必要なこと

つみき

モラル低い業者に注意必要

家賃債務保証業務は、アパートやマンションの賃貸の際に第三者が連帯保証人となるサービスです。これにより家賃の滞納などがあったときには、大家さんに立替払いをしてくれるので、アパートやマンションへの投資においては、手数料はかかりますが、返済財源の確保の安定的な確保のためにも必須のものです。同時に、借主にとっては連帯保証人が不要になることがメリットとして挙げられ、高齢者、障がい者、外国人などにとっては特にメリットが大きい制度です。家賃の滞納が発生した場合、家賃債務保証会社から請求がきますが、従来の大家さんや不動産会社からの取り立よりは厳しくなる傾向があります。具体的には、例えば支払いができない場合に、部屋からの退去を迫られるまでの猶予期間が短くなるということです。家賃債務保証の保証料は、家賃の半月分から1か月分程度で金額にすると1〜3万円程度になります。毎月家賃とともに支払う場合もありますが、2年ごとの契約更新時にまとめて支払うのが一般的です。親族などの連帯保証人を付けたうえでも、家賃債務保証を求めてくる不動産会社もあります。このように、連帯保証人を付けた人は、家賃延滞の可能性は非常に低い優良な借主なので、家賃債務保証業者にとっても良い顧客となります。賃貸契約において、家賃債務保証が本当に必須なのかどうかは、改めて確認する必要があります。実際に、家賃債務保証会社を規制する法律は現状ではなく、モラルが低い業者では、滞納時に強引・悪質な取り立てや行き過ぎた督促、高額な延滞金の請求、強制退去などの迷惑行為がみられ最終的には住民迷惑がかかり空き家率が上がったりするので注意が必要です。