不動産投資をすれば将来が怖くない|一棟買いがベスト

頭を悩ます2つの管理費

集合住宅

大幅な削減を行うには

マンション管理において、最も頭を悩ますものは管理費ではないでしょうか。管理費で大きな割合を占めるのは、エレベーターや廊下の照明などの共有部分の電気料金と、マンション管理会社に支払われる管理委託費の2つです。実はこれらの費用は大幅な削減が期待出来るのです。電気料金と管理委託費の大幅な見直しの結果、およそ30パーセントもの大幅な管理費削減に成功したケースもあります。先ずは電気料金ですが、共有部分の照明をLEDなどの低電力のものに置き換える事でそれなりの効果が望めると思います。また、契約アンペアも余裕を持たせている為に高めの契約をしている事があるので、これを下げる事でも一定の削減は可能です。更には、電力会社と上手く交渉する事でも、電気料金の削減が見込めます。大きな初期投資費用を要しますが、マンション自ら変電所を持ち、電力会社と高圧電力契約を行うといった「高圧一括受電」で大幅に電気料金を下げる事が可能です。次に、管理委託費ですが、マンション管理を全て管理会社に委託している場合などは、管理委託費が具体的にどのような用途で使われているのか全く把握していないオーナーや管理組合も少なくありません。管理委託費の適正額はあってないようなもので、マンション管理会社の匙加減一つで決まってしまうと言っても過言ではありません。このような理由から、マンションが完成して以来、一度も管理会社の変更がない場合は、かなり割高な管理委託費を支払っている事も考えられます。他のマンションと比べて随分と割高に思える場合は、管理会社と交わしてる管理委託費を全面的に見直す必要があります。その際に、マンション管理士やマンション管理コンサルタントに依頼して、管理委託費の適正額を見積もってもらうと良いでしょう。そして、適正額の管理委託費を基準に、マンション管理会社との交渉、又は管理会社の変更を行うようにしましょう。