不動産投資をすれば将来が怖くない|一棟買いがベスト

頭を悩ます2つの管理費

集合住宅

マンション管理で最も頭を悩ますものは管理費です。管理費の内で大きな割合を占めるのが共有部分の電気料金と、マンション管理会社に支払われる管理委託費の2つです。共有部分をLEDに換えるなどで電気料金を下げ、管理委託費を全面的に見直す事で、大幅な管理費の削減が期待出来ます。

利用時に中が必要なこと

つみき

マンションやアパートを借りる時には、連帯保証人が必要となりますが、その代行を行なってくれるのが家賃債務保証のサービスなのです。家賃債務保証は、大家さんだけでなく、利用する側にもメリットがあります。また、利用する際には、自分に適した業者へ依頼することが大切となります。

視点によって変える築年数

貯金箱

新築にも中古にもメリット

一棟買いで不動産投資をするときに物件として新築を選ぶか、築浅を選ぶか、もっと古い物件にするかと選択に苦しむ場合があります。築年数は不動産投資のための物件を選ぶときによく確認される項目の一つです。一棟買いで行う場合には、どのような視点で取り組んでいくかによってどれを選ぶかを変える必要があるでしょう。それぞれにメリットがあるため、メリットを生かした運用をしなければならないからです。新築や築浅の場合には新しさによる魅力があるため、一棟買いをしたときにも速やかに入居者が集まりやすいというメリットがあります。また、まだ築年数が経っていないことから大規模従前の必要性が低く、不動産投資を始めてからすぐに大きな出費に見舞われることが少ないのも魅力です。一方、古い中古物件の場合には購入価格が安いのがメリットです。一棟買いは数千万円という単位での不動産投資になるため、予算を確保するのが難しかったり、ローンの返済額が大きくなりすぎてしまったりすることがあります。しかし、中古の場合には比較的安価に取引されているので無理のないローンで購入できるでしょう。また、特に古い物件の場合には減価償却費を大きくできるので所得税対策をすることが可能です。他に給与所得などがある場合には当面は高い節税効果が得られるため、それを利益として考えて中古物件を選ぶこともできるでしょう。どのような視点を重視するかで物件の古さはよく吟味する必要があるのです。

不動産投資を学ぶセミナー

セミナー

不動産投資セミナーの開催地や開催頻度ですが、東京都内のものが多く、平日夕方から休日は日中の開催が多いのが特徴です。参加費用がかかるものと無料なものがあり、講師は専門家や有名な投資家が務めることもあります。人気のセミナーテーマとしては不動産投資ローンに関するものの割合が高い傾向にあります。